配達の日数調査、年賀状と速達も対象に…12〜1月 郵政民営化関連ニュース

2007年09月18日

配達の日数調査、年賀状と速達も対象に…12〜1月

<スポンサード リンク>

 郵政民営化で郵便サービスはどう変わるのだろうか?
あなたは、年賀状がなかなか届かなかったという経験がないだろうか?
競争社会にさらされてこなかった郵便サービスだが、これから郵政民営化で、改善される部分はあるのだろうか?

以下に、関連ニュースを紹介しよう。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 総務省は14日、年賀状などの郵便物を投函(とうかん)してから配達までの日数を調べる「試験通信」を12月中旬から来年1月上旬にかけて実施すると発表した。

 対象は、書留扱いではない年賀状、封書、速達だ。これまで封書は日本郵政公社が調査をしてきたが、年賀状と速達の試験通信は初めて。今年の遅配が目立った年賀状配達の状況や、来月の民営化後もサービス水準が維持できているかどうかを調べる。

 「郵便サービス水準の評価等に関する研究会」(座長=田尻嗣夫・東京国際大経済学部長)がこの日公表した実施要綱案によると、全国を10地域に分け、モニター60人が計1260通の郵便物を出し合う。年賀状は540通を12月25日〜来年1月7日ごろに出し、郵便番号を記載していないものや、不完全な住所を記載したものなども調べる。

引用:ヤフーニュース トピックス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000215-yom-soci


posted by ゆうちょん at 19:14 | 郵便局

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。